美人局の4つの事例をリアルな事件から紹介。逮捕後の流れも解説

美人局にあうと、どんな流れでどのような被害を受けるのか。それを知るためには、実際に起きた美人局の事例を知ることが近道です。

そこでここでは、実際にマスコミで報道された、逮捕まで至った美人局の事件のうち、最近の美人局の傾向が色濃く反映されたものを4つ、事例として紹介します。

また、美人局で逮捕された犯人はその後どうなるのか?逮捕から起訴(不起訴)までの流れもお伝えしたいと思います。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話で美人局の相談ができます
  • ご相談は無料です
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

1. 美人局の事例

1-1. 恐喝の容疑で逮捕された美人局の事例

インターネットの出会い系アプリに書き込みをした男性から現金を脅し取ったして、大阪府警刑事特別捜査隊は24日、恐喝容疑で、住所不定、無職、郡山啓太容疑者(21)を逮捕した。「何も言いたくない」と黙秘している。

逮捕容疑は、昨年10月上旬、携帯電話で出会い系アプリに書き込みをしてきた大阪市内の男性会社員(22)に対し、「まだこんなことやってんのか。半殺しにするぞ」などと言って消費者金融から現金計90万円を借りさせ、脅し取ったとしている。

府警によると、男性は同8月ごろ、出会い系アプリを通じて知り合った無職少女(17)の兄を名乗り現れた郡山容疑者に「俺の妹に何してくれてんねん」などと脅され、現金数万円を手渡していた。

男性は再び出会い系アプリで書き込みをしていた同12月中旬、郡山容疑者の身内を名乗る男らから現金計85万円や無理やり契約させられた携帯電話を脅し取られており、府警は今年4月17日、無職少女を含む17歳~24歳の男女4人を恐喝などの容疑で逮捕。その後、今回の事件に関する郡山容疑者の関与が浮上した。

「半殺しにする」というのはまさに生命・身体に危害を加えることを告知していますので、脅迫罪になる言葉です。そして、この事件では、脅迫したうえで現金90万円をゆすっていることから恐喝容疑での逮捕となりました。

1-2. 強盗の疑いで逮捕された美人局の事例

ホテルから出てきた男性に因縁をつけて現金を脅し取ったとして、大阪府警天王寺署は13日、強盗や営利目的略取などの容疑で、枚方市藤阪東町のアルバイトの男(20)ら15~21歳の男女計6人を逮捕・送検したと発表した。いずれも容疑を認め、「遊ぶ金がほしかった」と話しているという。

送検容疑は共謀し、4月16日午後10時20分ごろから翌日正午までの間、大阪市天王寺区の路上で、会社員の男性(21)から現金約4万5千円を脅し取るなどしたとしている。

同署によると、6人は遊び仲間。出会い系アプリで男性と連絡を取り、15歳の少女が一緒にホテルへ行き、出てきたところで残りの5人が「俺の妹やぞ」などと因縁をつけ、金を奪った。

さらに「銀行で100万円おろせ」などと脅し、富田林市の銀行まで男性を車に乗せていったが、男性が銀行の窓口で被害を訴えたため、逃走したという。

ホテルから出てきたところを、家族を装って脅迫するよくある美人局の手口です。この事件では、銀行から100万円を引き出させるために車内に男性を閉じ込めたことで、恐喝ではなく強盗の容疑での逮捕となっています。

1-3. 強盗致傷の容疑で逮捕された美人局の事例

現代版の美人局(つつもたせ)か―。女性を装いSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使って男性を誘い出し、現金を強奪したとして、柏署は7日、強盗致傷の疑いで柏市豊四季の土木作業員、佐藤雅昭(23)、住所不定の無職、山田駿(22)両容疑者=ともに窃盗容疑で逮捕=を再逮捕した。

2人の再逮捕容疑は共謀し昨年6月15日午前0時55分ごろ、JR北柏駅北口などで、男性会社員=当時(29)=に因縁を付けて顔を殴りけがをさせた上、現金約4万7500円などが入った財布を奪った疑い。男性は左ほお骨を折る全治3カ月の重傷を負った。

同署によると、男性がスマートフォンのコミュニケーションアプリで知り合った女性と待ち合わせをしていたところ、2人が現れてトラブルになったという。同署は2人がアプリ上で女性を装い、男性とやり取りしていた可能性があるとみて調べている。

2人は知人同士。いずれも「金は取っていない」と容疑を一部否認している。

男女が共謀して金銭を脅し取るのが美人局では一般的ですが、この事件では、犯人の男がSNS上で女性の振りをして男性を呼びしています。被害者に怪我をさせており、強盗致傷罪の疑いで逮捕されました。

1-4. 詐欺の容疑で逮捕された美人局の事例

宮城県警古川署は14日、恐喝容疑で、同県栗原市の無職、狩野竜二被告(25)=詐欺罪で起訴=を再逮捕、同県大崎市の無職、高山祐貴容疑者(25)、同市のコンパニオン、田中真美容疑者(27)を逮捕したと発表した。狩野容疑者は容疑を認めているが、高山容疑者と田中容疑者は「金はとっていない」などとして容疑を一部否認している。

逮捕容疑は昨年11月18日から22日にかけて、同県内の派遣社員の男性(20)に「(田中容疑者を)妊娠させた責任をとれ」などと脅迫し、契約させた携帯電話7台と現金計65万円を脅し取ったとしている。

同署によると、男性と高山容疑者は職場の知り合い。高山容疑者が田中容疑者を引き合わせたという。男性が昨年12月、警察に相談し事件が発覚したといい、余罪についても調べを進める。

女が妊娠したことにして中絶費用や慰謝料を騙し取る妊娠詐欺と、妊娠をネタに脅迫して携帯電話を契約させてそれを奪い取った恐喝がセットになった事件です。

2. 逮捕されるとどうなる?

美人局の被疑者が逮捕されると、警察による取調べや捜査がなされ、48時間以内に検察に身柄が送致(送検ともいいます)されます。

被疑者の身柄を受け取った検察官は、被疑者を勾留(拘置所や警察の留置所に拘束すること)するかどうかを判断し、勾留する場合は24時間以内に裁判所に勾留請求をしなくてはなりません。

この勾留は原則10日間ですが、検察官が捜査の必要に応じて延長の請求を裁判所にすれば、許可を得てさらに10日間延ばすことも可能です。

このように、48時間+24時間+20日間、つまり最大23日間以内に、検察官は被疑者を起訴するか不起訴にするかを決めます

起訴されると、被疑者から被告人(刑事裁判が終了するまでの身分)となり、長期間身柄を拘束されたままとなります。

弁護士を通じて示談の申し入れをしてくる可能性大

美人局は、詐欺や恐喝、強盗などの重罪に該当します。そのため、起訴されて有罪になれば、執行猶予のつかない”実刑”になる可能性もあります

実刑になれば何年も刑務所暮らしとなるため、美人局の加害者は弁護士を通じてかなりの割合で示談の申し入れをしてきます。

被害者との間で示談が成立すれば、早期釈放されて勾留を免れたり、不起訴になって前科がつくことを免れることも期待できます。また、起訴されて有罪になったとしても、被害者と示談が済んでいることが判決で考慮されて刑が軽くなる可能性もあるのです。

そのため、なんとしてでも示談を成立させようと弁護士が躍起になって連絡してきますが、法律に明るくないと、示談金の額や示談書の内容について上手く丸め込まれる怖れもあります。被害者ご自身も弁護士に相談のうえ、示談に応じるべきかどうかも含めよく検討すべきでしょう。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話で美人局の相談ができます
  • ご相談は無料です
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 弁護士が親身に誠実に対応させていただきます
美人局の被害を受けた方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による美人局の無料相談を受け付けております。

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、日本一気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。